News and Memorandum

Corey Fuller + Break Ensemble at WWW

Corey Fuller + Break Ensemble  at WWW

Kyo supports Corey Fuller, for scoring his electronic works and playing the piano.
5/27、渋谷WWWでコンサートで行われる”Corey Fuller + Break Ensemble”のライブに出演します。

https://www-shibuya.jp/schedule/010770.php

——————————————-
OPEN/START:19:00 / 19:30
ADV./DOOR:¥3,500 / ¥4,000(税込 / ドリンク代別 / 全着席)
LINE UP:
Corey Fuller + Break Ensemble
Corey Fuller (Piano + Electronics) / 一ノ瀬響 (Piano) / 須原杏 (Violin) / 波多野敦子 (Viola) / 千葉広樹 (contrabass)
Special Guest : Kyoka
TICKET一般発売:3/2(土)
チケットぴあ / ローソンチケット / e+ / iFlyer(English available) / WWW店頭
INFORMATION:WWW 03-5458-7685
——————————————-

Photo by Osamu Tsukada

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

“紫陽花の山”

Kyo wrote a score for the short movie “紫陽花の山”.

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

“筋肉女子”

Kyo Ichinose wrote scores for a documentary TV program “筋肉女子”that follows bikini pros.
The program will be broadcasted on January 12 22:00-. (NHK-BS1)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

螺鈿隊コンサート20181220

箏カルテットのための作品の再演です。小さいけれど気に入っている、とても懐かしい作品です。

————————
Canon for 52 strings

2006年作曲。螺鈿隊の委嘱により作曲。同質楽器のアンサンブルのための”Canon for…”のシリーズに属する1作品で、重ねられた音の集まりがいくつかの秩序形成の原理によって徐々に、時に急激にその「かたち=うごき」を変えてゆく姿を観相する。52本の箏の弦が変化してやまないあらゆるものと共振するとき、現象の裏側から「音楽」がその姿をあらわすはずだ。(一ノ瀬響)

————————

2018radentai_back2018radentai_front

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter