Year: 2008

Sunset-tinged Wing

ご無沙汰してしまいました。
あっという間に12月ですね。
書きたいことはいろいろありますが、うまく書けないことばかりです。
もう1ヶ月以上も前になりますが、数年ぶりに松山を訪れました。
下記は、羽田に戻る飛行機の中から撮影した写真です。
サンセットティンジド、ウイング。
sunset.JPG

“farewell party”

We’ve just had a farewell party for my mom, Teruko Hino. We’ like to express our gratitude to everyone who have supported her. And to herself.

10月20日、「日野てる子・お別れの会」がありました。多くの方々にご来臨いただき、感謝いたします。
御礼
Teruko_Hino_SpecialCD

御礼

昨日は「日野てる子・お別れの会」に多くの方々にご来臨いただきありがとうございました。生前できなかったことが残念でならないのですが、音楽家としての日野てる子とようやく一緒に作業する機会をもてたことは嬉しい経験でした。
ただただ優しくて大好きだった「お母さん」、自分の音楽の基盤を形づくてくれた音楽家「日野てる子」と、僕にとってはかけがえのないふたつの存在をいっぺんになくしてしまった気がします。
今は、透明で大きな喪失感に完全に包み込まれてしまいました。
でも、この状況も母からの問いと考え、何十年かかってもいいつもりで、答えを探していきたいと思っています。
あらためてご来臨感謝いたします。
一ノ瀬響

おしらせ

僕の母、日野てる子がなくなりました。
とても、とても悲しい。
大好きで、深く尊敬していた。
これからも、そうです。

御礼

1日ライブにきてくれたみなさま。
どうもありがとうございました。
ええと。ほとんど原型をとどめない形もふくめ、素材にした楽曲は以下のとおりです。FYI。
Nagori
A DAY / days, moments, and…(ライブでは初!)
Close to You
I am here
The Machineries of Joy
————–
石川さんのサポートで演奏するのは1年ぶりでしたが、ますます笙の音が素晴らしくなっていて自分が出演者であることを忘れて聞き惚れる瞬間が幾度かありました。
左手で傾けたり触ったりしていたのはiPodTouchで、赤松正行さん(http://www.iamas.ac.jp/~aka/)が開発されたiPhone用アプリを使い、ネットワーク経由でデータをMacbookProまで飛ばしていました。赤松さんありがとうございました。
というわけで、また!